信仰上の理由による輸血拒否に対する対応について

貢川整形外科病院では、宗教上の理由による輸血拒否に対し、「相対的無輸血(※1)」の方針に基づき、以下のごとく対応いたします。

 

基本方針

  1. 無輸血治療のために最善をつくしますが、輸血により生命の危険が回避できる可能性があると判断した場合には輸血を実施いたします。
  2. エホバの証人の信者の方が提示される「免責証書」は受け取りません。「絶対的無輸血治療(※2)」に同意する文書には、署名いたしません。
  3. 相対的無輸血の治療方針に同意を得られない場合は他院での手術を勧めます。
  4. 以上の方針は、患者さんの意識の有無、成年、未成年の別にかかわらず適用します

 

病院長  池上 仁志

 


※1【相対的無輸血】
患者の意思を尊重して可能な限り無輸血治療に努力するが、「輸血以外に救命手段がない」事態に至った時には輸血をするという立場・考え方。

 

※2【絶対的無輸血】
患者の意思を尊重し、たとえいかなる事態になっても輸血をしないという立場・考え方。