疾患

腰部脊柱管狭窄症

腰部脊柱管狭窄症

 

病態

病態は腰椎の加齢退行性変化または不安定性の増大により、靱帯の肥厚、椎間板突出などが生じ、硬膜管、神経根を圧迫し、間欠性跛行、下肢痛・しびれ、麻痺などの症状が出現するものです。

 

保存的治療 

腰部の安静が主な治療方法であり、間欠性跛行や下肢痛・しびれに対しては循環改善剤、持続する疼痛に対しては消炎鎮痛剤の服用、ブロック療法などを行ないますが、下記の場合には手術療法を検討しなくてはなりません。

 

手術治療

手術治療は保存的治療に抵抗性があり神経障害が生じ、間欠性跛行5分以内、下肢の麻痺、高度な知覚障害、排尿障害などにより日常生活に支障が生じた時、あるいは激しい痛みの継続を訴えたときなどが対象となります。手術目的としては硬膜管、神経根を主とした神経系の除圧です。不安定性や除圧部位により骨チタン性のスクリューを用いた固定術(写真、本人の承諾を得て掲載しております)を行なう場合もあります。

 

手術治療効果

平均的な改善率は70~80%です。これは最も悪い状態を0点とし、正常な場合を100点とした場合、手術後は平均的には70点から80点には改善するということです。個人差がありますが現在の医学では脳、脊髄、神経の損傷を完全に回復させる力は未だありません。

 

手術後の注意点

手術後は腰椎コルセットを2-3ヶ月使用します。手術成績を向上、安定させるためには術後の安静、療養が必要であり、早急な仕事への復帰はお控えください。手術後は外来での定期検診が当初1ヵ月ごと必要です。リハビリテーション、日常生活動作などについては主治医の指示を守ってください。また異常を感じた際には主治医の診察を必ず受けてください。

 

頚椎症性脊髄症

頚椎症性脊髄症

病態

病態は頚椎柱や頚椎椎間板の加齢退行性変化または靱帯の骨化などが局所的に強く生じ、脊髄または神経を圧迫し、しびれ、痛み、麻痺などの症状が出現するものです。

保存的治療

頚椎柱の安静が主な治療方法であり、疼痛に対しては消炎鎮痛剤の服用、温熱療法、牽引療法などが用いられますが、下記の場合には手術療法を検討しなくてはなりません。

手術治療

手術治療は保存的治療に抵抗性があり脊髄・神経障害が生じ、不安定な歩行、手指の細かい動作が困難、排尿障害などが生じ、日常生活に支障が生じた時、あるいは激しい上肢痛の継続を訴えたときなどが対象となります。手術目的としては脊髄、神経根を主とした神経系の除圧と安定した脊椎構築の作成です。病巣の部位や範囲により前方除圧固定術、後方除圧術があり、場合により骨盤より採骨し骨移植をすることもあります。また人工骨を使用する場合もあります。

手術治療効果

頚椎症の手術による平均的な改善率は60-70%です。これは最も悪い状態を0点とし、正常な場合を100点とした場合、手術後は平均的には60点から70点には改善するということです。個人差がありますが現在の医学では脳、脊髄、神経の損傷を完全に回復させる力は未だありません。

手術後の注意点

手術後は前方固定術では頚椎保持装具を1-2ヶ月、後方除圧術ではネックカラー(ポリネック)を2-3週間使用します。手術成績を向上、安定させるためには術後の安静、療養が必要であり、早急な仕事への復帰はお控えください。手術後は外来での定期検診が当初1ヵ月ごと必要です。リハビリテーション、日常生活動作などについては主治医の指示を守ってください。また異常を感じた際には主治医の診察を必ず受けてください。