2019年の学術活動

第59回関東整形災害外科学会にてハンズオンセミナーを開催します

2019年3月22日(金)第59回関東整形災害外科学会にて当院の池上仁志院長が講師を務めるハンズオンセミナーが開催されます。

 

クリックすると拡大

 

学会発表

発表予定

          1. BKP手術後に脊椎固定術の追加が必要となった症例に対するCBT法を用いたサルベージ手術の検討
            池上仁志・森下恭資・中嶋隆夫 他
            第45回山梨医学会

          2. 頚椎椎弓形成術による身体および精神機能の回復過程
            西﨑香苗・相原悠美子・池上仁志 他
            第45回山梨医学会

          3. 人工股関節全置換術術後患者において股関節伸展角度の違いが歩行に及ぼす影響
            三宅洋平・西崎香苗・池上仁志 他
            第45回山梨医学会

        1.  

 

発表済

医師部門

        1. BKP後の脊椎椎体骨折に対するCBT法を用いたサルベージ手術の検討
          池上仁志・森下恭資・中嶋隆夫 他
          第9回日本成人脊柱変形学会

        2. 薬剤部部門

           

            1. 亜鉛による体内動態と有効性
              正木智久・近藤未来・池上仁志
              第14回山梨県民間病院協会学術研究会

          放射線部門

          1. 当院の造影CT検査における意識調査とそこからみえる今後の課題
            薬袋恵・松土直人・池上仁志 他
            第14回山梨県民間病院協会学術研究会

           

          (第14回山梨県民間病院協会学術研究会にて)